代表者挨拶

これからも温故知新の精神を忘れず、最新技術の取り組みに努め、一層の躍進を目指します。

中村土建株式会社は、2021年、第50期を迎えました。
平素より関係各位の皆さまにはご支援、ご指導を賜り大変感謝しております。弊社は昭和24年創業と歴史もながく、その時代の変化に柔軟に対応し、公共工事を中心に地域のインフラ整備を数多く手掛けてまいりました。2021年で50期を迎えられたのは、現場は、古参の現場監督から次の代へと、長年に渡って技術を伝え、「現場主義」で堅実にやってきた伝統と、支えてくれた社員、その他工事関係者の方々のおかげに他ならないと思っております。今後とも、建設業に与えられた使命を全うするため、建設ICT等最新技術にも積極的に取り組み、現場第一で進めてまいります。

経営理念は「専心誠意」
経営理念として掲げた「専心誠意」には、先ず技術・知識を高め持ち、その元で誠意を尽くす、という意味があります。弊社の歴史の中では技術屋たちの思いや地道な努力と研鑽のくりかえしが弊社の経営の礎となっています。安全に工事を竣工させるのは「安全第一」は基より、良い品質、工程を管理し、「良い現場をつくることが、一番の営業。」ということを常々心掛けることにより、お客様からの信用と信頼をいただくことができたと自負しております。これからも妥協せず、熱意を持って、誠実に取り組んでまいります。

最新技術の取り組みにも努め、一層の躍進を目指します。
建設業を取り巻く環境の変化。昨今の少子高齢化問題、働き方改革、地域の課題の変化に柔軟に「しなやかにいかおうにも」対応していくことが、今後更に50年、100年と成長する企業となるためには大事となってきます。中村土建は、これまでの育まれた信頼と実績を大事にし、温故知新の精神を忘れず、そして最新技術の取り組みにも努め、一層の躍進を目指します。今後も企業の存在価値を高め、地域社会から必要とされる存在となれるよう、社員一同より一層努力してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



TOP